最新日誌に戻る
2002年1〜3月分日誌へ



12月分日誌


12/31 おおみそか

 旧年中は 皆様 ありがとうございました。
 去年の今ごろはまさかこんなことになっているとは思いもしなかった。そう考えると、毎日がつまらないことなんかないと思えますね。
 つまらないと思える日常を色々な可能性があるって思えたら、日常生活も非日常。ものは見ようで変わるし、どうするかで未来は大きく変わるはず。そうなれば、楽しく過ごせそうです。
 来年も楽しく生きたいですね。来年もよろしくお願いいたします。

12/30 年賀状と掃除の一日

 朝6時に起きて、年賀状製作にかかり、午前中で描き上げて、印刷。その合間を見て、部屋の掃除をして、印刷の終わった年賀状に一筆添える。結局、一日仕事だった。しかし、部屋があれほど汚いとは……。もっと、まめに掃除していれば、これほど時間もかからなかったのだろうと思う。が、そんなことは昔からわかっているのにできていないのは、自分にそんな気がないためだろう。去年も同じような事を言っていた気がするし、来年の今ごろも多分、同じ事を言っている気がする。さて、夜は長い。小説を書くか……。

12/29 仕事納め

 仕事納め、仕事納め♪ 今年は珍しく、取引先の都合で、休暇が長い♪
 休みが一週間以上あるなんて、学生の時以来だ♪ 嬉しぃ! 何しよう? 読みたい本も溜まってるし、書きたい話もあるし、描きたい絵もある。うーん、どれにしよ? 8時間ぐらい寝てみるのもあったな。これだけやることがあると、あっという間に終わりそうだ。でも嬉しい! さあ、休みを満喫する前に、年賀状と掃除だ!

12/28 誠意

 今日、出張先ですごい営業を見た。
 余裕が有り余っているほど時間をもらっておいて、納期は守らず、守れそうにないという連絡も入れず、納期が遅れたと、ただ来て謝って、納期をその時初めて伸ばしてくれるように懇願。走ってそこへ来ただけで誠意を示したと思っているらしい。
 そこの社長はそういうのが大嫌いで、その時に、「もう要らない」とは言っていたが、要らないわけないことはわかりきっている。営業で顔をつき合わせているのだから、そこらの機微はわかっているだろうと思いきや、わかっていなかった。なんと、その営業は正直にその言葉を受け取り、製作をストップしたのである。
 これほど役に立たないのに、何故リストラされないのか不思議なくらいである。おかげで、社長の機嫌は最悪で、事務所は嫌な空気に包まれていた。いい迷惑だった。
 営業と言うと、客先に密着とか、とにかく会いに行けなど言われているようだが、こういった時は、対策(問題への対応)もなしに来ても怒りを買うだけである。時代が変わったことに気がつかないのだろうか?

12/25 批評掲示板2

 23日の日誌で書いた批評掲示板の話ですが、計画を無期延期します。
 楽しみにされていた方、申し訳ありません。(いるんだろうか?)
 それを管理運営していくには、まだ問題がありすぎるようです。ちょっと考えてだけで、問題点が山積み状態でそれらをどう処理するかもっとよく考えなければならないと思い至りました。ですので、無期延期します。
 なかなか難しいですね。誰もやらないはずです。

12/23 批評掲示板

 和気あいあいとした雰囲気の感想掲示板に、建設的とはいえ、批評を書くことは結構、覚悟がいることで、下手すると掲示板が荒れて、大変なことになりますね。
 でも、そういう意見も欲しいと思っている作者の人と言うのも少なくないと思います。少なくとも、私もその口です。確かに、批評されたら、少々へこむかもしれませんけど(^^;。それも一時的なものでしょうし(イラストの方では昔さんざんされたからなぁ。多分大丈夫)。
 と言うわけで、以前から考えていたのですが、掲示板の方で真面目な意見を読んでいて、作ってみようかと考えています。漠然とした考えなので、どういうものにするかは考え中ですが、皆さんのアイデアがあれば、掲示板に書き込むか、メールくださいませ。
 とりあえずは、批評は作者さんの申し出があったものに限る(当然)。掲示板に書き込む前に必ず読み直せる。掲示板は1世代の返信機能(文庫の感想掲示板みたいなの)がいいだろうなぁ。……作るか……

12/21 事故

 今日、出張から帰ってくる途中で、真後ろの車が事故をした。別にスピンとかしたわけではなく、ただ信号待ちで止まっていたら、後ろの車にオカマを掘られたのである。しかも、ぶつかったのはその後ろ。ぶつかって、前に飛ばされて、前の車(つまり、私のすぐ後ろの車)にぶつかった。その車が危うく、私の車にもぶつかるぐらいだから、相当派手にぶつかったようだ。
 年末になると事故が多い。何事にも気を引き締めなければ。今の時期に怪我などしては、つまらない。走るのは先生だけで充分。のんびり生きましょう。

12/20 お子様

 さすがに二日も開くと罪悪感があるので、書いておこう。
 あるホームページの掲示板で、メルマガが紹介がされていた。行ってみると、サラリーマンの処世術みたいなものを披露しているようだったので、さっと読んでみた。
 読後、呆れてものも言えない気分になった。書いてあることが、まるでお子様なのである。そうか、これが今巷で大流行の『お子様サラリーマン』かと、その実情を知ってビックリであった。
 私は、今、フリーで仕事をしているのだが、自分の事を優秀などと思ったことはないし、スキルがあるとも言い切れない若造である。だが、こうしてなんとか飯を食っていっている。人間、やる気を出せば、なんとかなるものなのである。それがわからないのだろう。
 そのメルマガの中で、「資格を取るよりジムへ通え」ということが書いてあった。要は体力勝負しろということだろうと思い、まともな事も書いてあると感心してたら、最終的に就職に困ったら、肉体労働しかないからだと言う。しかし、ジムで鍛えたぐらいでは肉体労働はどうにでもなるものではない。一日八時間働くのとジムで数時間体を鍛えるのはわけが違う。それに、肉体労働も一ヶ月もすれば自然と身体が慣れてくるものである。鍛えていないひょうろひょろな人間でも、一ヶ月も真面目に働けば、それなりに筋肉はつくものである。肉体労働というものを目の当たりにしていないから、そういう発想なのだろうなと、苦笑してしまった。
 さらに、その資格をとっても意味がないと言っていて、その理由が、資格だけでは仕事はできない。これは正しいのだが、その後に「専門学校でみっちりと教わらないとダメ」ということが書いてあった。学校学習と資格試験勉強にどれだけ差があるのか? 私は五十歩もないと思う。実践でのみ技術は磨かれる。価値が出ると考えているのだが、そうは思わないのだろうか? その筆者はよほど実践的な教育をしている学校を卒業したのだろうか? なぞである。

12/18 出張

 明後日から連続日帰り出張地獄が幕開ける。泊まりたいが、距離が中途半端すぎて連日日帰りである。下手すると、来年1月の中ごろまで続きそうなのでちょっと怖い。とにかく、妙なことが起きないことだけを祈っているが、性格判断でミーナ型に分類された私なら、それは無理と言うものだろう。既に今日から不穏な気配をビシビシと感じている。

12/17 ど忘れ

 ラスカル☆ミーナを書いていて、言葉をど忘れして急停車してしまった。
 意味はわかっている。漢字の大体のイメージはわかる。なのに読みがまったく思い出せない。それらしい漢字を当てて、強引に読んで変換、失敗。インターネットの辞書で検索、出てこない。
 そんな言葉の存在すら怪しくなって、悶絶すること半日。やっと、思い出した。その言葉は明眸皓歯。しかし、その部分は一応、書くだけは書くが、流れ的に浮いているので、カットしようかと考えていたりもする。
 とりあえず、思い出せたので、満足♪

12/16 苦手

 私が苦手なものはたくさんある。その中の一つが英語。それはもう、致命的なほど苦手である。
 そのおかげで恥をかく事しばしばなのに、未だにどうにかしようとしていない(今日もちょっと恥をかいてしまった(汗))。まったく、困った私である。いつかはしないといけないとは、わかっていても「自動翻訳機」が実用化される日を夢見ている。ところで、ドラえもんの「翻訳こんにゃく」が欲しいと思った事、皆さんありません?

12/14 移転

 深夜になると途端に表示が困難になる今のところから、とりあえず、移転することにした。大方データは移してあったのでそれほど手間はかからないだろうと思っていたが、やっぱり、何やかやと時間がかかった。とりあえず、アクセスカウンターのデータを素早く書き換えて、作業終了。
 疲れた……カウンターハムの感謝の踊りを見て心を落ち着かせて(笑)、ラスカル☆ミーナの執筆にかかろう。

12/13 船頭多くても……

 仕事をしていて、電話がかかってきた。客先からで変更事項の伝達だった。内容を確認して、了解して電話を切って修正の手配にかかろうとすると、FAXが流れてきた。客先からで変更事項の伝達だった。確認のためにわざわざ送ってくれたのかと見てみると、さっきの電話と話が食い違っている。とにかく、なにがどうなったかを把握するために、FAXと電話での打ち合わせメモを比較していると、宅急便が届いた。変更事項の伝達だった。もちろん、電話、FAXと食い違っている。そして、メールが届いた。もちろん、変更事項の伝達だった。やっぱり、電話、FAX、宅急便と食い違っている。
 送り主の会社名は同じだが、それぞれ、別人から送られてきている。新手の嫌がらせかと真剣考えたが、一つづつ電話をかけて直接問い合わせて潰していくしかない。得てして、こういう時は全部潰れるんだよな。と思っていたら、それに近い結果になった。
 最近、やたらとこういうケースが多い。主になって動く人間がいないために指揮系統が統一されていないのが原因である。これで問題が起きていないのは不思議だが、よく考えれば、私のところで情報が整理されているのであるから、ていよくタダで使われているのだと気が付いて、納得いかない気分になった。

12/12 レンタルサーバースペース

 深夜のミラーサイトとして一部の方の好評(笑)のミラーサイトが閲覧できなくなっていた。どうも、サーバーの問題のようだが、詳細は不明。難儀である。
 まあ、少し(いや、かなりかな?)怪しげではあったが、諸般の事情(もしくは圧力)で借りたわけで、ある程度の覚悟はしていたが、いきなりかいなという気分である。早々に復旧してくれるといいのだが、仕事にも使っているので結構、焦っていたりもする。また、こっちにデータを移さなければ……時間かかるんだよなぁ、これが。まあ、それはいいのだが、一応、商売なので信用が問題となる。今回は事前に気が付いて、先手を打てたが、これから先のことを考えると、そればっかりに構ってられないだけに不安が募る。
 安定しているところを探すか……。支払ったお金は勿体無いが、信用はお金では買えない。
 そういえば、ジャージレッド様の掲示板にお薦めのレンタルサーバーが紹介されていたな。それから探ってみようか……。

12/11 著作権

 知らず知らずに犯していて、気付かずに侵害されているもの。そう言われている著作権。なかなか理解が難しくて、頭の痛い代物です。でも、こうやって、ホームページを開いている以上、ちゃんと勉強していないとだめだなと思った今日この頃。
 わかりやすい、お薦めの本を知っている人がいましたら、よろしければ掲示板に書き込むか、メールください。よろしくお願いします。m(_ _)m

12/10 モデル

 先日から行っていた資料の発掘調査を打ち切った。何を探していたかと言うと、ジャージレッド様作『妖精的日常生活』の長谷川美姫ちゃんのイラストを描くにあたってモデルにした人の写真である。ちなみに、その人の背中に白い翼はないし、体長25cmでもないし、髪の毛も水色ではない(当たり前だって)。コロコロと顔立ちが変化しているので、どれだと思われた人もいるだろうが、感じ的には9話のイラストがその人に一番近い。
 その人とは以前は毎週のように顔をあわしていたが、私の個人的理由でここしばらくお目にかかる機会がなく、それがこれからも続きそうなことが確定したために手元にある写真を一箇所にまとめておこうと思ったわけなのだが、3、4枚しか出てこない。もっと有ったはずだと捜索を開始したが、いつしか発掘作業に変わって、先日の日誌に書いたとおり、変なものばかりが発掘されたわけである。
 さて、モデルの話が出たので、裏話を一つ。前述のイラストで登場の海斗クンも実はモデルがいる。ウチの弟である。海斗クンが上手く形が決まらなかったので、モデルを依頼した。最初は全身のバランスを見るためだけのつもりだったが、イメージが重なって、そのままキャラクターのモデルさせてもらった。もちろん、キャラクター料は支払っていないので、秘密にしておいて欲しい(笑)。

12/9 執筆三昧

 昨日は忘年会で結局は午前様をしてしまった。別に怒られるわけではないが、翌日、つまり、今日一日執筆のために空けておいたので体調不良なのは勿体無いと日誌も書かずに即寝てしまった。
 朝は少しゆっくり寝て、7時に起床、とりあえずは顔を洗って、あったかいお茶を一杯飲んで、食パンを一斤胃袋に押し込んでラスカル☆ミーナの第7話の執筆開始。ネタ帖と辞書を脇に置いて書きまくる。修正は後回しで、大きな流れだけでも作る。となるので、描写をすっ飛ばして、ほとんどが会話文で展開される。今回は登場人物が多いので苦労する。誰が何を喋っているか混乱しないようにしなければと思うと気を使う。自分はわかっているので、他人がわかりにくいかどうかをどうやって判断しようかいつも困る。
 そんな事を思いながらも書き進んでいき、昼にくるみパンと食パン数枚をお茶で胃に流し込んで、お昼寝(おい!)。30分ほど寝てから執筆再開。夕方の6時ぐらいまで書いていたが、結局は今日の成果は30k強か40k弱ぐらい。相変わらず、遅い筆である。
 遅い筆は置いておくとして、このペースだと、年内完成は結構危ないかもしれない。予想していたプロットはやっと半分ぐらいを消化したところ。いっそのこと、ここらあたりまでで前編として出そうかと真剣に考えたが、読む側からすれば、消化不良もいいところ、すぐに後編を出せないのならばやめた方がいいと思い直して、なるべく早く書き上げることに努力を費やすことにした。
 夕方からはイラストの製作にかかる。年賀状の製作。今年は色々あったので、なるべく平和な絵柄にしようと決定。少女と馬の絵にした。文字通り、来年公開予定。
 それと平行して、ジャージレッド様のところへ投稿する小説のキャラクターのラフ。今回はケモノ娘に初挑戦でちょっとドキドキしている。初挑戦なんで、最初、耳を四つも描いてしまって慌てて消したのは内緒である。かわいがってくれるといいなと思いながら、描いていると、画面の向こうから「お前が先ずはかわいがれよ。変な目ばっか合わせやがって」と声が聞こえてきそうで、自分で苦笑した。
 さて、今日はまだ残っている。やれるところまでやって寝ることにしよう。
 おやすみなさい、皆様。よい夢を。

12/7 多趣味ってことは

時間をどう配分するかで頭を悩ませる。最近は書く、描く、読むの順番付けをしているので、読む時間がかなり少ないので悲しい。来週はいっそのこと、読みに徹することにしてしまおうかと考えている。
 読むの更に下に配置されている吹くは、かなりすごい状態である。もう、一月ほど楽器ケースを見ていない。開けるのが少し怖い。鳴りのいいリードがあったが、もうダメになっているかもしれない。勿体無い。
 社会人になったら、趣味は絞った方が賢明かもしれない。描くのをやめて書けば、もう少し話を早く展開できるかもしれない。書くのをやめて描けば、一月に一枚か二枚は新作を上げれるかもしれない。そう考えるとどちらか一方のほうが、いいのだろう……判断に迷う。

12/6 たいむかぷせる

 資料を探すために物置を捜索していて、探しているものは見つからなかったが、恥ずかしいものを発見した。
 恥ずかしいものとは、中学、高校の頃に描いたイラストノート。それを見て赤面。素晴らしいほど下手である。速攻で焼きイモの燃料にしたいほどに。まあ、学校の授業以外で絵を習った事がない、全て独学だから常にトライアンドエラーだったので仕方ないと言えばそうであるが。
 当時よく読んでいた漫画を写して描いてみたりして、一円にもならないことを真面目に練習しているかつての自分がノートの向こうに見えて微笑ましかった。が、よく考えてみると、今もそれと大差ないのだなと思い直した。
 今年の暮れにでも、今まで書いた作品をプリントアウトして冊子にして、物置へとタイムカプセルとして埋めてみようかな。十五年後ぐらいの自分に向けて。

12/5 技術者気質

 この日誌、どれだけの人が見ているか謎だが、ちょっと、遊ぼうと思う。
 以前に日誌に書いていたが、CGIを覚えることになった。というわけで、先ずはカウンターを作ってみることにした。かなり、時間がかかったが、一応出来た。出来ると、嬉しくなって、こうしてみようとか、ああしてみようとか、色々と欲が出てきて、ついにはアニメーションカウンターにまで発展した。我ながら、お馬鹿さんである。
 そうなると、ケチなアニメーションでは物足りないと、自分で作ることを思い立つ。3DCGソフトでキャラクター?を作り、アニメーション機能を利用して動画ファイルを作り、2DCGソフトで編集し、GIFアニメーションにした。結局、この作業がプログラムと同じぐらいかかって、なにやってんだか……ということになったが、自分で言うのもなんだが、『よく出来てる』と自画自賛している(大馬鹿者)。もちろん、プログラムではなく、アニメーションの方が(笑)。
 こういうものを作ると、どうしても凝ろうとしてしまう。職人気質と言うよりも、技術者気質なのだろう。それで、何度も失敗しているくせに、なかなか治らないものである。

アニメーションカウンターへ
感想は、そこから喫茶室へ行けるので、感想があれば書いてください。お願いします。

12/4 やっぱり 変?

 『魔法少女ラスカル☆ミーナ第七話』を書いていて、ネタが間違っていないかどうか確認するのに、友人の家の電話をかけた。もちろん、他の用事もあったから、事のついでである。
 そして、思いっきりバカにされてしまった。まあ、毎度のことなのでどうも思わない。ネタが間違っていて馬鹿にされたわけではない。ネタはあっていた。小説のことを馬鹿にされたわけではない。その友人には内緒にしてある。馬鹿にされたのはネタを確認したことである。
 実を言うと、私はガンダムの本放送をほとんど見たことがない。……いま、うそ! と思った人は手を挙げて。1,2,3……ふむ、多すぎて日本野鳥の会の人でも連れてこなければ数えられないな。まあ、ほとんどといったとおり、二、三回見ただけである。でも、123と映画は見たのでどんなあらすじかは知っている。とはいえ、その程度である。ちなみにガンプラも一体も作ったことはない。
 私の年代の男性にしてはかなり珍しい部類に入ることは認めるが、馬鹿にされるのはちょっと遠慮願いたい。昔から、この事実を言うと、必ず、「うそ!」といわれ、「信じられへん!」とつながり、「おかしいわ、それ」と締めくくられる。ガンダムをこよなく愛する人にとっては、まさに非国民的存在らしい。なまじ妙なことに精通しているために尚更なのだろう。
 訊くんじゃなかったと反省しつつ、ガンダムを語る友人の言葉を相槌を打ちながら聞いていた。
 ついでに言っておくと、ガンプラには少々嫌な思い出がたくさんあったりするので(特に大きなものは)、結構トラウマになっている。
 こんなことで、悩んでいるのは私ぐらいだろうなぁ。やっぱり、変?

12/3 風邪&知恵熱

 今年のはちょっとしつこいようだ。一向に良くならないのに悪くもならない。平衡状態を保っている。体が気だるいのと咳が止まらない。熱がないので長引きそうだ。
 熱はないが、熱が出そうなことがCGI……。現在、エラーを連発している(サーバー転送前でですよ、もちろん)。まともに動いたプログラムを足がかりに一つづつ、こなしていく感じは、ロッククライミングのようだ(もちろん、やったことはない)。本当に習得できるかどうか謎になってきた。
 それ用のサーバースペースレンタル代をとりあえずは、自分の財布から出して、習得したら報酬としてもらうことにしたのは正解かもしれない。変なプレッシャーを掛けられなくて済むから。
 しかし、今年はhtml、JavaScript、そしてPerl……三十路前の脳みそを酷使した一年だったなぁ。そして、来年は三十路の脳みそを酷使するんだろうなぁ。まあ、しばらくはボケずに済みそうだ(笑)。

12/2 らくご

 コメディを書くのに、一番参考にしているのは、古典落語(上方しか聞いたことないけど(^^;)。改めて聞くと、本当に芸術品だなと感じさせてくれる。
 もし、コメディを書こうと思っている人は聞いて損はないと思いますよ。できれば生で見るのがいいですが、TVでも、ラジオでも、ビデオでも、CDでも、テープでも、何でもいいです。私の個人的なお薦めは、やっぱり、故2代目桂枝雀師匠。天才ですね。枝雀師匠の言う「笑いは緊張と緩和」は、笑いの基本で奥義ですね。他には笑福亭松喬師匠もいいですし、枝雀師匠の弟子の桂南光師匠も面白いです。
 何故、古典かというと、外れの少ない古典を選んだだけです。創作落語もよいものもありますが、外れもあるので。古典はやっぱり、長年語り継がれて、練り上げられてきただけあって、質の良いものが多いです。それに、する人によって違うのもまた楽しいですから。「このネタはあの人の方が面白い」とか楽しめますしね。

12/1 重大ニュース

 今年も早いもので、のこすところ一ヶ月……。
 月並みな挨拶が交わされる季節になりましたね。さて、そろそろ、今年一年を振り返って重大ニュースはなんだろう?
 私的には、小説を書き始めた。だろうか? 書き始めて、9ヶ月……まだ、一年たってないんだなぁ。書き始めた頃はどうやって書けばいいか分からずに右往左往していた(今もしてるけど(^^;)。そんな初心者の私を導いてくれた全ての皆様に改めて感謝。
最新日誌に戻る
2001年11月分日誌へ